建築企画、設計、監理 / 土地、建物のコンサルティング

BLOG

2017.10.13
見積依頼のパターン

 

工事をする際、ゼネコンや工務店に見積を依頼します。
そのパターンは大きくわけて3つ。

 

①競争入札
公共事業や補助金案件で一般的に使われる方式です。
入札会で一番低い見積金額を提示した施工者に発注が決まります。
民間事業かつ公的資金が動かない場合は敢えて競争入札は行いません。

 

②見積合わせ
複数の施工者に設計図書を預け、見積を依頼します。
入札のような厳格なルールはなく、見積金額も含めた総合力で審査します。
複数社の見積金額を把握できるため、クライアントにとっては金額に納得して工事することができるでしょう。

経済的にもメリットが大きく、交渉の自由度も高い方式ですが、スケジュールには余裕をみておく必要があります。

 

③特命
1社指名で設計図書を預け、見積を依頼します。
設計段階から施工者との打合せを行うことが可能なので予算管理を行いやすく、きっちり調整すれば設計が終わり次第着工することも可能です。
その反面、1社の見積金額しか把握できないため金額の比較検討ができず、クライアントにとっては工事費の相場感をつかみにくい特徴があります。また見積金額と予算がどうしても折り合わない場合は設計変更での対応しかできなくなります。

 

競争入札は補助金が絡むと必ず必要になるので、選択するというよりは制度上やむなしと言ったところ。

問題は見積合わせと特命のどちらを採用するかです。

ここ最近は建設業界が売り手市場ということもあり、見積合わせでゼネコンや工務店に見積依頼しても断られることがよくあります。また見積の依頼ができたとしても以前ほど競争の原理が働かない印象があります。
設計は順調に進んでも、施工者がなかなか決まらず着工が遅れるケースも見受けられます。

私はこれまでは基本的にクライアント目線で見積合わせを推奨してきましたが、案件によっては特命発注した方がクライアントにとってメリットが大きいのではないかと思うことも増えてきました。
当然ケースバイケースの判断が必要なので、これまで通り案件ごとにクライアントと相談しながら決めていきたいと思います。

2017.09.23
京都花室 おむろ 設計UP

 

有限会社フラワーハウスおむろ(京都花室 おむろ) 改修工事の設計がUPしました。

世界遺産仁和寺からすぐ、嵐電北野線の御室仁和寺駅前にある創業約60年の京都老舗のお花屋さん、京都花室 おむろ。
http://kyoto-omuro.jp/

 

島本社長ご夫妻にはお忙しい中何度もお打合せのお時間頂き、お二人のたくさんの夢が詰まった設計図書が出来上がりました。
6月から設計がスタートし約4ヵ月、長いようで本当に時間が経つのが早かった設計期間。
これからこの設計図書を基に工事をお願いする施工業者を決め、いよいよ着工の運びとなります。

島本社長ご夫妻と語り合った夢を実現するために、これから起こるであろう様々な困難にも、私自身もお二人とご一緒に全力で乗り越えていきます。
来年の春、お二人の笑顔とともに新社屋&新店舗の門出を祝福することを楽しみにして。

私にとっては島本社長ご夫妻との信頼関係はとても心地良く、毎回のお打合せは本当に楽しかったです。
お二人のプロジェクトに寄り添って、夢創りをご一緒させて頂けるのは設計者冥利に尽きます。
これからもまだまだ打合せやっていきますよ!!
どうぞ末永く宜しくお願い申し上げます。