建築企画、設計、監理 / 土地、建物のコンサルティング

BLOG

2019年04月

2019.04.29
一津屋の家 内部工事

松原にて。
一津屋の家 新築工事(木造2階建て)、今週の写真です。

 

 

  

 


床の仕上げ、壁・天井の断熱まで進んでいます。

 

 

2019.04.28
一津屋の家 内部造作、電気関係打合せ

松原にて。
一津屋の家 新築工事(木造2階建て)、先週の写真です。
外壁下地の工事が進みつつ、内部では各部詳細打合せを行っていきます。


間仕切り壁の下地工程に入る前に、造作家具や収納、棚板など空間の詳細な形を最終確認していきます。

 

 

 


 
壁の中に仕込まれるコンセントやスイッチ、弱電端子類の位置・高さ・数もすべて
現場でクライアントと

工務店立会いのもと現場確認を行います。

 

 

 

    


 
打合せを重ねてインプットしている情報から、クライアントご家族の新しい暮らしを
イメージして全ての

内容はこちらが提案しています。

 


 
もちろん設計時にも図面上で説明してOKは頂いていますが、工事中に実際の空間でもう一度
プレゼンを

行うようにしています。

 

 


 
第一に出来上がってからの満足度を高めること、第二に工事の手戻りをなくすこと。


それが目的です。
   

2019.04.25
当事務所のことをもっと知って頂くために

 

代表の北條豊和です。

 

私の専門分野はもともと医療・福祉施設の設計監理です。

 

建築学生の頃から建築設計の福祉環境に与える影響を学び、社会に出てからは設計事務所所員として主に高齢者・障害者福祉施設や医療施設の設計監理を担当してきました。

 

2015年の独立後は医療福祉分野を軸にしつつも、依頼して頂ける仕事の幅がどんどん広がりました。

 

設計監理実績として、病院、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、高齢者グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、精神障害者グループホーム、同短期入所施設、同作業所、保育所、社屋・事務所、工場、物流センター・倉庫、ゲストハウス、物販店舗、飲食店、賃貸マンション、戸建て住宅、等々・・・

 

本当にたくさんの方々に支えられて好きな仕事を続けることができています。

 

私の仕事のポリシーとして、クライアントからの直接発注のみで仕事をしています。

なぜなら設計事務所の仕事はクライアントの代理人業務であるからです。

 

完全に自由な設計で、適正な工事価格において、確実な品質を伴って、クライアントに建築を行ってもらうためには、業界内において独立した立場でクライアントの利益を最優先に考えなければなりません。

 

私はデザイナーとして幅広い想像力、エンジニアとして高い技術、そしてなにより建築に対する深い情熱を持って、たくさんの方々に愛される建築を創り続けていきたいと思っております。

 

これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2019.04.14
一津屋の家 監理者検査

松原にて。
一津屋の家 新築工事(木造2階建て)、耐力壁の施工が完了したので

監理者として金物チェックを行いました。

 

 

 

 


週明けには確認検査機関の中間検査。

 

 

  

 


 
その後はしばらく外装と内部造作が同時進行です。
    

2019.04.11
一津屋の家 建方完了

松原にて。
一津屋の家 新築工事(木造2階建て)、建方工程が終わりました。

 

 

  

 

 
耐力壁金物の取り付けが終わったら、監理者検査を行ったのち中間検査を受けます。
そろそろ来週あたりから現場定例会議も本格化。

 

 

  

 


クライアントご夫妻に家づくりの楽しさを味わっていただきます。
   

 

2019.04.05
一津屋の家 木工事スタート

松原にて。
一津屋の家 新築工事(木造2階建て)、基礎の養生期間が終わり、大工工事がはじまりました。

 

 

 

 
土台の基礎への緊結、そして防蟻処理も完了。
現場の進行に沿って、工事監理ポイントも順番に押さえていきます。

 

 

  


  

 


明日からは本格的に建方工事がスタート!