建築企画、設計、監理 / 土地、建物のコンサルティング

BLOG

2019年02月

2019.02.21
建築工事契約事務とは

 

建築士法第21条には次のように書かれています。

 

「建築士は、設計及び工事監理を行うほか、建築工事契約に関する事務、建築工事の指導監督、建築物に関する調査又は鑑定及び建築物の建築に関する法令又は条例の規定に基づく手続の代理その他の業務を行うことができる。・・・」

 

工務店やゼネコンに建築工事を発注するとき、工事が始まる前に契約書を交わしますが、その契約書の内容は誰が監修しているでしょうか。

 

建築主が施工会社と交わす契約を、正式には「工事請負契約」といいます。

 

意外と知られていませんが工事請負契約書を監修することは設計事務所にとって重要な仕事です。

施主代理人として、クライアントが施工会社に対して不利な契約とならないよう、施工会社と契約内容を折衝します。

 

当事務所では原則的に、工事請負契約書及び工事請負契約約款は、民間(旧四会)連合協定工事請負契約約款委員会発行のものを使用することを現場説明会(見積依頼)の段階で施工会社に指定しています。

 

また契約書の特記事項の文言を調整したり、追加で挟み込む書類を作成したりします。

 

施工会社によっては、独自の契約書や契約約款を準備していることもあり、契約内容について協議の申し出を受ける場合もあります。その場合はこちらが譲れない部分を提示しつつ、認めることができる部分は認めることもあります。

 

要するにその後起き得るあらゆる状況下において、契約内容がクライアントにとって不利とならないようにしておくことが目的です。

2019.02.19
工事監理と施工管理の違い

 

「工事監理」「施工管理」という言葉を耳にすることがあると思います。

 

実はこの二つ、全く異なる意味を持っています。

日々の業務の中でも新規のクライアントに対しては必ず説明する部分です。

 

 

「工事監理」という言葉は建築士法第2条の中に次のように定義されています。

・・・その者(建築士)の責任において、工事を設計図書と照合し、それが設計図書のとおりに実施されているかいないかを確認することをいう。

とあります。

 

補足すると、クライアント(建築主)の代理人として、設計意図・品質・金額・工程など点で適正に工事が行われているかを、設計図書をベースに確認することと言えるでしょうか。

 

具体的にまとめると「工事監理」とは・・・

・設計図書や仕様書のとおりに工事が進んでいるかチェックする

・工事請負契約で決められた工事金額から増額することがないかチェックする

・計画された工程のとおりに工事が進捗しているかチェックする

・建築主の代理として現場での打合せや指示を行う

・建築主への報告を行う

 

一般的には、「工事監理」を行う者は定期的または工程の必要に応じて現場へ足を運びます。

当事務所の場合では現場へ通う頻度は、通常週1~2回です。

その際に現場監督と打合せを行いつつ現場の確認を行い、指示や要望を出したりします。

なお、「工事監理」は建築士の独占業務です。

 

 

一方、「施工管理」の方が一般の方々にとってはイメージしやすいかもしれません。

 

「施工管理」は現場監督の仕事です。

それは即ち工事現場を管理することであり、施工会社の現場担当者(現場監督)が行う品質管理・予算管理・工程管理・安全管理などの業務がそれに含まれます。

 

具体的にまとめると「施工管理」とは・・・

・設計図書が要求している性能・品質を満たすために、各業者の施工や材料の管理を行う

・工事予算に対しての材料費や人件費その他工事全般の金銭管理を行う

・施工計画を立案し各業者への発注や調整を行い、工事全体がスムーズに進行するように指揮する

・近隣や交通に対する安全確保や、現場内での事故を防止するための指導を行う

 

 

以上、「工事監理」「施工管理」の違いをまとめてみました。

 

「施工管理」は施工会社(ゼネコンや工務店)における現場業務、「工事監理」は建築士が施主側に立って施工会社が行う工事をチェックすること。

 

お分かり頂けると思いますが利害関係が相反する関係上、「工事監理」を行う者は「施工管理」を行う者と組織上立場を分けることがポイントになります。

 

設計事務所が工事監理を行うことが工事現場にとって必要な理由はそこにあります。

2019.02.07
大阪成蹊大学教育表現コースの三年生の企画とcooking plazaがコラボ

阪急京都線 相川駅前にある、お弁当とお惣菜のお店『Cooking Plaza』。

 

先日ご挨拶でお伺いしたとき、年明けから近くの大学の学生さん達を巻き込んで、2階のイートインスペースをアートスペースとして無償で提供しますと、お聞きしていました。

 

オーナーシェフの堀さんが設計の時に語られていた夢がまた一つ形になるんだなと、私も喜んでいたお話。

 

以下、堀さんのFacebook投稿本文。

※転載のご了解頂いています。

 

 

大阪成蹊大学教育表現コースの三年生の企画とcooking plazaがコラボします。

 

1階2階のイートスペースを使い明日から相川保育園のきりん組さんの作品が展示されます。

 

計5回、1年間うちの店のスペースを使い色々な企画展示が行われます。

凄いことになってきました😆