建築企画、設計、監理 / 土地、建物のコンサルティング

BLOG

2018年09月

2018.09.27
某事務所ビル 設備配管工事

某企業事務所ビル(鉄骨造4階建て)新築工事、各スラブ裏に設備配管のための吊り金具を取り付けています。

 

 

排水系統の配管は勾配も検討して調整していかなければなりません。

 

あらかじめ全ての配管を図面で検討行い、我々監理者がチェックを行います。

 

 

 

天井を張ったら見えなくなる部分にも細かい仕事の積み重ねがあります。

2018.09.21
Family Inn 慶 内外装下地進行中

※設計監理:C-DESIGN 谷口一級建築士事務所/株式会社 北條建築事務所

 

京都市南区、九条河原町すぐ近くのゲストハウス

「Family Inn 慶」。

 

 

内外各所で造作・下地工事が進んでいます。

 

 

だんだん空間としての形状が出来上がってきました。

 

 

安全第一、このまま無事故で竣工を迎えることができますように。

2018.09.20
Family Inn 慶 定例会議の様子

※設計監理:C-DESIGN 谷口一級建築士事務所/株式会社 北條建築事務所

 

京都市南区、九条河原町すぐ近くのゲストハウス

「Family Inn 慶」。

 

 

現場定例会議にて内部木工事の打合せを重ねています。

 

今回谷口さんと一緒に仕事をさせて頂き、改めて和内装の奥深さを感じています。

 

各宿泊室の完成が待ち遠しい限り。

竣工まであと2ヵ月です。

 

2018.09.19
某事務所ビル 外壁貫通孔

 

某企業事務所ビル(鉄骨造4階建て)新築工事、裏面の外壁ALCパネルにダクト貫通を並べてみたところ。

 

現場の設備担当にもかなり頑張って検討してもらい、道路から見える正面側面にはダクト貫通を一切なくしています。

 

外観を美しく見せるために現場での意匠と設備の調整がとても重要です。

2018.09.19
某事務所ビル ECP張り

某企業事務所ビル(鉄骨造4階建て)新築工事、外壁のECPを張っています。

 

ECP・・・押出成形セメント板(Extruded Cement Panel)

 

2018.09.11
某事務所ビル 屋上設備スペース

 

某企業事務所ビル(鉄骨造4階建て)新築工事、屋上設備スペースの基礎コンクリート打設前日の様子です。

 

基礎配筋も屋上スラブに規定通り定着し、配筋仕様、かぶり厚さ、諸々検査済み。

 

型枠工事も完了し、あとはコンクリート流し込むのを待つばかり。

 

これら基礎の上にキュービクル(変電設備)、空調室外機、ガス給湯器などが並びます。

2018.09.11
某事務所ビル 外壁工事

某企業事務所ビル(鉄骨造4階建て)新築工事、外壁ALCパネルの建て込みが順調に進行中。

 

 

鋼材下地を組んでロッキング構法でパネルを留めていきます。

 

 

鉄骨造は鉄筋コンクリート造と比べて、フレームの建て方が終わってから内部造作に入るまでの工程が複雑で時間もかかります。

 

2018.09.11
某自動車整備工場 現況調査

先週の台風で受けた事務所の被害が放置になっていますが、今週より通常業務も再開しています。

ご心配、お気遣い下さった方々には本当に感謝申し上げます。

 

某企業自動車整備工場(鉄骨造2階建て)新築工事、実施設計が中盤に差し掛かっています。

 

既存敷地の電気引き込みが複雑なので、設備設計とともに2度目の電気現況調査に。

高圧でいくか低圧でいくか、既存キュービクルを継続使用するか更新するか、電気設備だけでも判断すべきことはいろいろあります。

 

来月の実施UPに向けてこれからスパート。

 

2018.09.06
停電による業務状況のご報告とお詫び

 

台風21号の影響で、6日22時現在、当事務所付近一帯は停電が続いています。

 

固定電話、FAXも繋がらずご迷惑をお掛けしております。

ノートPCとスマホは車で充電し、メールと携帯通話は繋がる状態にしています。

 

いろいろと方策を実施しましたが、ほとんどの社内業務ができない状態になっており、現場廻りや社外打合せをメインで営業中です。

復旧までの間今しばらく開店休業状態ですが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。 

 

※写真は事務所で飼っているスナネズミ。お昼寝しているだけなのでご安心ください。

2018.09.03
新プロジェクト 実施設計スタート

終日滋賀県にて現況調査。

 

台風もまだ届かず暑さもさほどなく、調査日和でなにより。

 

ここ数か月、実施設計に実施設計が重なり、スリル満点のスケジュールの中、また新しいプロジェクトが走り出します。

 

各工程を書いていると、年内あっという間に正月も過ぎ、また春を迎えることを知ります。