建築企画、設計、監理 / 土地、建物のコンサルティング

BLOG

2018年07月

2018.07.28
某事務所ビル 基礎脱型

 

某企業事務所ビル(鉄骨造4階建て)、基礎の型枠を解体しています。

 

生コン打設からわずか1日で脱型できる強度に達します。

 

打設と養生の難易度は高いですが、工期的には有利ですね。

 

これから地中梁間を土で埋め戻して、設備配管をしていきます。

2018.07.27
当事務所をHPでご紹介

 

構想から含めると約二年がかりで創り上げてきた当事務所。

 

旧実家建物を改装して事務所をつくる計画は、今月一応の完成を迎えました。

 

その間にスタッフも2人増え、仕事を通して理想を追求する集団が成長を始めています。

 

事務所紹介ご覧ください。↓
http://www.hojo-archi.jp/works_data/index007.html

 
建築工事は株式会社矢羽田工務店の矢羽田社長、造園工事は庭や 緑夢(ぐりむ)の和田代表、社用車は株式会社南自動車の南社長にお世話になりました。
 
いつもお力添えして下さり本当にありがとうございます。
2018.07.26
某事務所ビル 基礎コンクリート打設

某企業事務所ビル(鉄骨造4階建て)、基礎のコンクリートを打設しています。

 

 

生コンは工場製品ですが、時間や環境によって品質が大きく変化していきます。

工場からの所要時間も考慮しながら、生コン車が一定間隔で入場。

 

 

この炎天下では生コン車の切り替えのわずかな時間で圧送ホースの中でコンクリートが固まって詰まりを起こしてしまいます。


まさに暑さと時間との闘い。

 

 

高圧洗浄機で散水しながらの打設。
打設後も散水しながら養生します。

 

その横では前日の打設工区を早速型枠解体しています。

 

 

いよいよ鉄骨建て方が近づいてきました。

2018.07.23
Family Inn 慶 ALCパネル搬入

※設計監理:C-DESIGN 谷口一級建築士事務所/北條建築事務所

 

京都市南区、九条河原町すぐ近くのゲストハウス
「Family Inn 慶」。

 

 

外壁のALCパネルの現場搬入の様子。

 

 

 

これから建物の外形が出来上がっていきます。

 

 

※ALCは“Autoclaved Lightweight aerated Concrete” (高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート)の略。

2018.07.21
Family Inn 慶 スラブコンクリート打設完了

※設計監理:C-DESIGN 谷口一級建築士事務所/北條建築事務所

 

京都市南区、九条河原町すぐ近くのゲストハウス
「Family Inn 慶」。

 

 

 

上棟式も無事執り行われ、構造躯体の工事も終盤を迎えています。

 

これからしばらく外壁や屋根の工事が続きます。

 

外壁はALC下地の溶接真っ最中、屋根は防水工事まで完了しています。

 

相変わらず美しい現場ですね。

 

 

2018.07.20
新たな障害者グループホーム計画 現況調査

大阪府松原市の住宅街で、一般社団法人アフターさんの新たなプロジェクトが動き出しました。

 

蒸し風呂に入っているような調査中、現況図を描きながらいろいろ間取りの構想が膨らみます。

 

松原障害者グループホーム計画、また継続で発信してまいります。

 

2018.07.19
某事務所ビル 基礎型枠工事

某企業事務所ビル(鉄骨造4階建て)、コンクリートを流し込むための型枠を建て込んでいきます。

 

配筋同様、型枠建て込みも重要な工程。
構造体の寸法精度は型枠の精度で決まってきます。

 

型枠工事が完了したら、いよいよコンクリート打設です。

 

2018.07.17
某事務所ビル 基礎配筋検査

某企業事務所ビル(鉄骨造4階建て)、基礎配筋の監理者検査を行いました。

 

 

当然ながらいつも通りの全数検査。 
構造体にただの1ヶ所も不備を残さないために。

 

日々炎天下、お仕事をされている職人さんの前では、週に数回来るだけの我々が暑いとは言えません。

 

引き続き、どうかご安全に!

 

 

2018.07.15
某事務所ビル 基礎配筋工事

某企業事務所ビル(鉄骨造4階建て)、炎天下の基礎配筋工事。

 

先週の豪雨の影響で工程に遅れが出ましたが、今週は着々と進んでいます。

 

現場の方々、ほんとに熱中症にはお気をつけて。

 

2018.07.07
障害者グループホーム ピースフルハウス1・2 完成

堺市中区の住宅街にて。

 

一般社団法人アフターさんの新たな障害者グループホーム
『ピースフルハウス1・2』

 

 

竣工&OPEN、本当におめでとうございます!

 

 

お祝いでお届けした時計も早速リビングと事務室に掛けて頂きました。

 

木造家屋を2棟並びで購入し、元住宅であることを活かして落ち着きのある居場所空間を創るため、約2ヵ月かけてリノベーション工事を進めてきました。

 

皆さんと一緒にお話ししていると楽しくてアットホームな雰囲気に包まれます。 

 

また次回のお仕事も楽しみにしております!