建築企画、設計、監理 / 土地、建物のコンサルティング

BLOG

2018.04.27

スタッフ辻です。

 

こちらにお世話になって4か月目に入っています。

 

作業はオフィスにある来客用スペースに創りつけられた机の一角を使っているのですが、

ことあるごとに所長が私の椅子の購入を提案してきます。

作業がやりづらそうに見えるのでしょうか。

 

さて、このオフィスにも「座」というキーワードでいくつか見どころがあります。

 

まずは私が使っている来客用スペース。土間と床の高低差を利用した座面と、

お尻にぴったりFITし座圧を軽減するように工夫された椅子が2脚あります。

 

 

どちらもなかなかの座り心地、特に前者は所長お気に入りの座布団の厚みを考慮した上で

床の高さ、厳密には土間の高さを調整したようで、椅子にしたり胡坐をかいたり

気分によって座り方を変えられるのもにくいところです。

 

そして所長のデスク。作りは同じでその足元が広めの閉鎖された空間になっています。

 

 

中に仕込んだコンセントが手元スイッチと連動して温風器や扇風機を入切できる仕組み、

掘りごたつの進化系です。足マッサージ機もいいかもしれません。

 

最後にこちら、たっぷりとった窓枠です。煮詰まったときの一息、スペースです。

 

 

少し背中が丸まる腰の高さ。背筋をまた伸ばすために必要な時間ですよね。

 

「座」環境、良好です。