建築企画、設計、監理 / 土地、建物のコンサルティング

BLOG

2017年12月

2017.12.22
webマガジンの取材を受けました

クライアントとの濃密な関係の中で設計活動を行っている当事務所。
仕事のスタイルがしっかり表現されたホームページもおもしろいと仰って頂きました。
 
仕事を楽しむためのwebマガジン『B-plus』

仕事に取り組んでいる方々の生の声や人の魅力、サービスの特徴、そして仕事の楽しさを伝えていくメディアだそうです。

インタビュアーは野球解説者・元阪神タイガースの八木裕さん。

 

 

 

私の仕事に対する想いや働き方のこだわりを存分に聞いて頂きました!

記事が公開されるのを楽しみにしています。

 

2017.12.22
京都花室 おむろ 店舗内部着々

 
1階店舗部分、内部の下地工事が進行中です。
 
見上げれば軽天下地がほとんど出来上がっています。
木下地に比べてスピードがありますね。
 
床の合板下地も広がってきました。
設備屋さんの仕事スペースを大工さんが徐々に追い詰めていきます。

2017.12.22
あじさいの家 取材

 

今年の春にオープンした、木造平屋の古家からリノベーションを行ったアットホームな雰囲気の障害者短期入所施設『あじさいの家』。
 
今回は当事務所ホームページのインタビュー企画の取材でお邪魔してまいりました。
インタビュー記事UPしたらお知らせしますのでお楽しみに!!
 
利用者の方々にも気に入って頂けているとお聞きして、とてもうれしく思いました。
 
藤野さん、道浦さん、大変お忙しい中ご協力下さり本当にありがとうございました。
 
写真右から2番目:一般社団法人アフター 藤野代表理事 / 写真右端:株式会社グルグル 道浦部長

2017.12.22
SLと耐火被覆

 
鉄骨造の現場、スラブの表面にSL(セルフレベリング材)で平滑下地をつくっていきます。
床の上に流し込むと自然に平らになり、半日程度で歩けるようになります。
 
ほぼ同時期に、柱や梁などの構造部材を吹付けロックウールで耐火被覆していきます。

2017.12.10
住宅を設計する仲間達

 

大阪府建築士会所属の家づくりの専門家リスト。
当事務所も掲載されています。

美しいデザインや使い勝手の良いプランニングは出来て当たり前。
建築設計事務所の仕事が成す最大の効果は、①完全に自由な設計で、②適正な工事価格において、③確実な品質を伴って、建築することができることです。
建築の企画・設計から工事・引き渡しまで、クライアントと同じ立場に立って本当に望まれるものを一番得する方法でサポートしていきます。
本気で夢や希望を叶えたいという方はお気軽にご相談ください。
是非ご一緒にオンリーワンの建築創りを楽しみましょう。

 

2017.12.01
CookingPlaza1年検査

 

昨年12月にお引渡しした、東淀川区相川(阪急相川駅すぐ)のお弁当とお惣菜のお店『CookingPlaza』。

矢羽田工務店の矢羽田社長とともに1年検査に行ってきました。

 

 

 

本当に時間が経つのは早いもので、新店舗がオープンして間もなく1年になるんですね。
オーナーシェフの堀さん、お父様、お母様、スタッフの方々、1周年おめでとうございます。

 

 

もうすぐおせちシーズンを迎えますし、ご体調崩されませんように。

また近々伺いますので、これからも宜しくお願いいたします。

 
2017.12.01
インサート取付け

 

鉄筋コンクリート造の現場
スラブ(床版)の鉄筋を組む前、合板型枠用インサートがよく目立ちます。
カラフルで綺麗ですね。

下の階に天井下地や設備の吊りボルトを取り付けるための埋め込み金具です。
建築、電気、設備といった具合に工種ごとに色分けされていて、型枠解体後にスラブの下から区別できる仕組みになっています。

テキトーに散りばめているように見えますが、実は全て施工図に基づいてひとつひとつ正確な位置に取り付けられています。

2017.12.01
京都花室 おむろ 解体工程

 

有限会社フラワーハウスおむろ(京都花室 おむろ) 改修工事
解体どんどん進んでいます。

2017.12.01
耐火野地板留め付け

 

 

鉄骨造の屋根下地を施工しています。
センチュリーボードという商品名。
厚み18mmの耐火性能のあるボードです。

 

 

 

強度に加え、ある程度柔軟性もあり、ゆるやかな曲面の屋根にも施工可能です。
施工性も良く進捗もスムーズですね。

 

 

2017.12.01
京都花室 おむろ スケッチ

 

有限会社フラワーハウスおむろ(京都花室 おむろ) 改修工事、来春OPENに向け工事進捗中です!