建築企画、設計、監理 / 土地、建物のコンサルティング

BLOG

2017.10.28

型枠支保工

 

この一つ上の階では梁とスラブ(床版)の鉄筋工事の真っ最中。
このフロア、台風一過で水浸しです。

型枠支保工(かたわくしほこう)はコンクリートを流し込むための型枠を支える仮設部材です。

私は鉄筋コンクリート造のこの段階の雰囲気が結構好きです。
形が出来上がるまだ一歩手前。
いろいろな準備を手間暇かけて順番に仕込んで、最後に一気にコンクリートを流し込んで形づくるイメージ。
鉄骨造とは作業の順番がまったく違います。