建築企画、設計、監理 / 土地、建物のコンサルティング

BLOG

2017年09月

2017.09.23
京都花室 おむろ 設計UP

 

有限会社フラワーハウスおむろ(京都花室 おむろ) 改修工事の設計がUPしました。

世界遺産仁和寺からすぐ、嵐電北野線の御室仁和寺駅前にある創業約60年の京都老舗のお花屋さん、京都花室 おむろ。
http://kyoto-omuro.jp/

 

島本社長ご夫妻にはお忙しい中何度もお打合せのお時間頂き、お二人のたくさんの夢が詰まった設計図書が出来上がりました。
6月から設計がスタートし約4ヵ月、長いようで本当に時間が経つのが早かった設計期間。
これからこの設計図書を基に工事をお願いする施工業者を決め、いよいよ着工の運びとなります。

島本社長ご夫妻と語り合った夢を実現するために、これから起こるであろう様々な困難にも、私自身もお二人とご一緒に全力で乗り越えていきます。
来年の春、お二人の笑顔とともに新社屋&新店舗の門出を祝福することを楽しみにして。

私にとっては島本社長ご夫妻との信頼関係はとても心地良く、毎回のお打合せは本当に楽しかったです。
お二人のプロジェクトに寄り添って、夢創りをご一緒させて頂けるのは設計者冥利に尽きます。
これからもまだまだ打合せやっていきますよ!!
どうぞ末永く宜しくお願い申し上げます。

2017.09.23
雨中の中間検査

 

小雨降る中、指定確認検査機関の中間検査、無事合格。
監理者として前々日に基礎配筋の全数検査を行っていたので問題あるはずがないのですが、やはり正式に検査合格するとほっとしますね。
雨の日は鉄筋の上はとても滑りやすいので本当に要注意。私は怖いので本日は足場の上からの撮影です。

中間検査は本当に大事なステップです。
この後コンクリート打つともうどうしようもないので。
しかしたまに誤解されるのですが中間検査は建物の一部しか対象ではありません。

中間検査があってもなくても私は建物全体の配筋を全数検査しますが、世にある建築で監理者が配筋を全数検査している現場の割合はいくらほどあるでしょうか。。。
構造計算によって示された構造強度は、現場が設計図書の通りに施工されることではじめて意味を持ちます。
当たり前の事を当たり前にやっていきたいものです。

2017.09.04
ブログを開設いたしました!

 

皆様、平素より格別のお引立てを賜り深謝申し上げます。

9月に入り一気に涼しい気候になりました。

体調にはくれぐれも気を付けて頑張っていきましょう。

この度、念願のブログを開設いたしました。

建築のプロとして今後さらに皆様のお役に立てるよう、より一層の情報発信を行ってまいりたいと考えています。

早いもので当事務所も今秋で2期目が終わり、開業3年目に入ることができます。

これもひとえに皆様の温かいご支援のおかげと、改めて心より深くお礼申し上げます。

暮らしの幸せを育む建築を目指して・・・

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。